リレンザの薬とリレンザでインフルエンザの治療をしている女性

インフルエンザにかかると、リレンザやタミフル、イナビルの中から処方されることが多いと思います。その中でも何故、リレンザが良いのかということをお話ししていきたいと思います!

リレンザがせきに効かない場合は

インフルエンザの治療薬といってもいくつかありますが、リレンザがせきに効かないことで悩んでいる人もいるかもしれません。リレンザは他のインフルエンザ治療薬とは違い、吸引型という特徴があります。この薬は専用の器具を使って1日2回吸入する必要があり、治療には5日間かかります。小さい子供などは上手く吸入できないことがあるため、治療に使われることはあまりありません。しかし、最近ではタミフルに耐性を持つインフルエンザウイルスもあるため、リレンザを処方する医療機関も増えています。ちなみに、インフルエンザウイルスは口や鼻などから侵入し、気道で増殖を始めます。そのためリレンザを吸入することにより、ウイルスの増殖を直接抑えることができるのです。即効性がある治療方法なのですが、この薬を自体に熱を下げる作用はありません。インフルエンザ治療薬の働きはインフルエンザウイルスの増殖を抑えるというものです。そのためリレンザはウイルスが増殖する期間に投与しなければほとんど効果ができないということです。インフルエンザを効率よく治療したいという場合、リレンザを処方されたらすぐに1回目を吸入することが大切です。リレンザがせきに効かない理由としては、リレンザを吸入するのが遅すぎたことやしっかり吸入できていないことなどが考えられます。ちなみに、熱が下がってもまだウイルスが残っていることもあるため、途中で治療をやめてしまうのはよくありません。しっかりと治療を続けることにより、インフルエンザウイルスを体内から除去することができるのです。また、インフルエンザ治療薬を使ってもなかなか熱やせきなどの症状が良くならない場合、別の病気が隠れている可能性もあります。