リレンザの薬とリレンザでインフルエンザの治療をしている女性

インフルエンザにかかると、リレンザやタミフル、イナビルの中から処方されることが多いと思います。その中でも何故、リレンザが良いのかということをお話ししていきたいと思います!

記事一覧

インフルはマスクで予防、発症後に報告しリレンザ治療

寒くなるにつれて猛威を振るうのがインフルエンザです。インフルエンザは、ウイルスが鼻腔や口腔内の粘膜に付着し、体内で増殖することで発病します。つらい症状を避けるためには日ごろから予防を行うことが大切ですが、手軽で簡単な予防法としてマスクが効果的です。インフルエンザの主な感染経路は、咳やくしゃみによる飛沫感染、ウイルスを触った手で粘膜に触れて感染する接触感染、空気中にあるウイルスを吸い込む空気感染がありますが、マスクはこのうち飛沫感染と空気感染を防いでくれます。良く使われる不織布マスクの網目は、インフルエンザウイルスよりも大きく、ウイルスの侵入を防ぐことはできませんが、咳やくしゃみで飛沫を飛ばしてしまうことは防ぐことができます。また、マスクは口腔内の湿度を高めてくれる効果があります。インフルエンザウイルスは乾燥した空気を好み、湿度が高いと活動が鈍くなるので、乾燥を防ぐことが感染予防になるのです。
しかしどんなに気を付けていても感染してしまう事態は起こります。インフルエンザの治療薬として広く使われているのがリレンザです。リレンザは吸入型の治療薬で、吸入器を使って薬を吸い込むことで、ウイルスが増殖する喉から肺にかけた器官に直接作用します。そのため、タミフルなどの飲み薬などに比べると即効性があるのが特徴です。ただしウイルスを駆逐する作用はなく、増殖を防ぐための薬なので、感染したら可能な限り早く服用するようにすることが大切です。
インフルエンザは風邪とは違い、非常に高い感染力を持っています。そのためもし感染したら、周囲に病気を拡げない為にも学校や会社を休むのが大切です。特に社会人の場合は上司に報告し、必要な書類や休みの期間などについて指示を受けるようにしましょう。

続きを読む

インフルエンザの定義とリレンザの肺への付着効果

インフルエンザは日本では冬に猛威を振るう恐ろしい流行感冒として非常に有名です。日本の冬は摂氏零度を下回り、そのことで空気が非常に乾燥し、インフルエンザにとっては非常に活動しやすい環境になります。インフルエンザは感染者の咳やくしゃみ、鼻水の飛沫が健常者の口や鼻から入り、肺に到達して付着することで感染していきます。感染するとすぐに症状が出るわけではありません。インフルエンザは一日から三日程度の潜伏期を経て、ようやく症状が見られます。しかし症状が出た場合には、すでに肺でウイルスが大増殖している状態です。こうした状態で、自然治癒は不可能であり医療機関を訪れなければいけません。インフルエンザと定義し、確定して治療するには、よく問診し、症状を見極めなければいけません。症状は風邪とは異なりインフルエンザでは40度を超える高熱がでます。そのうえで検査キッドで鼻の粘膜を採取し、陽性反応が出ればインフルエンザであると定義できます。治療には一般の風邪薬では対応できません。インフルエンザの治療の基本は肺でのウイルスの増殖を食い止めることです。そのため、増殖を食い止めるリレンザやタミフルと言った治療薬で治療していきます。リレンザは粉末状の吸入薬です。そのため肺にダイレクトに作用して、ウイルスの増殖を食い止めてくれます。タミフルのように飲み薬が苦手である人、他の持病の薬との飲み合わせに心配がある人などに最適な治療薬と言えます。また青少年がタミフルを飲んだ場合には人によって幻覚や問題行動といった副作用が報告されています。そのため青少年の治療の際にも、タミフルよりもリレンザの方が良いと言えます。またリレンザは予防対策としても用いることができます。

続きを読む

イブプロフェンではなく後発医薬品のないリレンザ治療

冬には多くの人々を苦しめるインフルエンザが至る所で流行します。インフルエンザは接触感染、空気感染のほか、飛沫感染と言った経路で多くの人々に感染を拡大していきます。感染すると非常に酷い症状に悩まされることになります。それは咳、くしゃみ、下痢、嘔吐、頭痛のほか、40度を超える高熱に加え全身の関節痛が酷く、起きていられないほどになります。大人でも苦しいために会社を欠勤しなければならず、普段の社会生活が営めなくなってしまいます。職場などで集団感染すると経済活動も停滞し非常に問題であると言えます。しかしこうした酷い症状に見舞われても風邪だと過信し、何も治療しない人もいます。また市販の風邪薬でイブプロフェンが配合されたもので解熱や痛みを鎮静させようとする人もいます。しかしインフルエンザに感染しているとイブプロフェンでの鎮静や解熱効果は一時しのぎに過ぎず、再び熱や痛みに苦しまされることになります。40度を超える熱の場合は真っ先にインフルエンザ感染を疑い医療機関を受診しなければいけません。インフルエンザは市販の風邪薬では完治させることができません。インフルエンザの治療薬であるタミフルやリレンザを服用する必要があります。医療機関ではインフルエンザか否かを知るために、鼻の粘膜を採取して検査します。陽性であれば処方箋を書きタミフルやリレンザが処方されます。そのためインフルエンザ治療には検査代、処方箋代、診察代と非常に費用が高くつきます。しかし、」インフルエンザ治療薬の後発医薬品、つまりジェネリック医薬品はまだ存在しません。そのため薬代を節約するのは難しい状況になっています。安く抑えるには薬の個人輸入しか方法がありません。

続きを読む

病原体の感染を予防するN95マスクとリレンザ

近年ではブタやトリなどといった、同じ動物の間でしか感染しなかったはずのインフルエンザウイルスが、こうした動物からヒトに感染して、新型インフルエンザとして拡散するといった事例が生じてきており、これまで人類が経験をしたことがないウイルスのタイプだけに、感染するとかなり深刻な症状を呈することがあります。このようなインフルエンザに対しては、一般にはマスクの着用が有効であるとされていますが、市販のサージカルマスクとよばれるものは、たしかに網目は小さいものの、微小なウイルスの直径からすれば十分とはいえず、容易に感染を許してしまうことにもなりかねません。そこで登場するのがN95マスクとよばれるもので、これはアメリカ労働安全衛生研究所のN95規格に準拠した特別なマスクであって、微小な試験粒子を95パーセント以上捕捉するという性能をもつものです。そのため、インフルエンザ、ノロウイルス、結核などの病原体が含まれているくしゃみ、つばなどの飛沫が、口や鼻などから侵入しないように防御することができ、医療現場では高い評価を受けています。ただし、それでもなんらかの契機によって、インフルエンザウイルスに感染してしまうことはあるわけで、こうした場合には、すみやかに医師の診察を受けるとともに、抗インフルエンザウイルス薬を処方してもらうのがよいといえます。抗インフルエンザウイルス薬は、ウイルスに対して直接的に効果を発揮する医薬品であって、リレンザのようなものが知られています。リレンザというのは、抗インフルエンザウイルス薬のなかでも、使用方法が少々特殊なもので、専用の吸入器を使用して、息とともに薬剤を吸い込むといったものになります。

続きを読む

リレンザがせきに効かない場合は

インフルエンザの治療薬といってもいくつかありますが、リレンザがせきに効かないことで悩んでいる人もいるかもしれません。リレンザは他のインフルエンザ治療薬とは違い、吸引型という特徴があります。この薬は専用の器具を使って1日2回吸入する必要があり、治療には5日間かかります。小さい子供などは上手く吸入できないことがあるため、治療に使われることはあまりありません。しかし、最近ではタミフルに耐性を持つインフルエンザウイルスもあるため、リレンザを処方する医療機関も増えています。ちなみに、インフルエンザウイルスは口や鼻などから侵入し、気道で増殖を始めます。そのためリレンザを吸入することにより、ウイルスの増殖を直接抑えることができるのです。即効性がある治療方法なのですが、この薬を自体に熱を下げる作用はありません。インフルエンザ治療薬の働きはインフルエンザウイルスの増殖を抑えるというものです。そのためリレンザはウイルスが増殖する期間に投与しなければほとんど効果ができないということです。インフルエンザを効率よく治療したいという場合、リレンザを処方されたらすぐに1回目を吸入することが大切です。リレンザがせきに効かない理由としては、リレンザを吸入するのが遅すぎたことやしっかり吸入できていないことなどが考えられます。ちなみに、熱が下がってもまだウイルスが残っていることもあるため、途中で治療をやめてしまうのはよくありません。しっかりと治療を続けることにより、インフルエンザウイルスを体内から除去することができるのです。また、インフルエンザ治療薬を使ってもなかなか熱やせきなどの症状が良くならない場合、別の病気が隠れている可能性もあります。

続きを読む

新型インフルエンザの治療薬としても使えるリレンザ

インフルエンザというのは、タイプが異なるいくつかのウイルスが人体に感染することによって起こるものですが、特に大流行をもたらすのは、A型ウイルスとよばれているものです。このタイプは突然変異をしやすく、これまで効果があると考えられていたインフルエンザ対策の医薬品が使えなくなってしまうことも想定されるものです。このように、これまでに知られていなかったタイプのウイルスがもたらすインフルエンザのことを、新型インフルエンザとよぶことがあり、ときに世界的、かつ爆発的な大流行、いわゆるパンデミックとよばれる状態となる可能性があります。政府ではこうした新型インフルエンザに備えるために、抗インフルエンザウイルス薬を地方自治体と協力して備蓄することとしており、そのなかにはリレンザとよばれる銘柄の治療薬が含まれています。リレンザというのは、専用の吸入器を用いて、口から薬剤を吸い込むというめずらしいかたちをしたインフルエンザの治療薬であり、ウイルスに対しての直接的な効果があるものです。インフルエンザウイルスのなかでも、A型とB型とよばれるもの全般に対しての効果があるため、新型インフルエンザであっても、すぐれた治療効果が期待できます。一般には1日あたり2回の割合で、これを5日間にわたってつづけることによって、頭痛、筋肉痛、関節痛、発熱、咽頭痛などといった、インフルエンザの症状を改善する効果があるとされています。また、同居人にすでにインフルエンザ感染者がいる場合の予防対策として、高齢者や慢性心臓疾患の患者などに対して用いられることもあり、この場合は10日間にわたって、治療の場合の半分ほどの量を投与することになります。

続きを読む

体調悪化に備えてインフルエンザの予防注射とリレンザ

インフルエンザは、空気が乾燥しやすい冬場の時期に、大流行しやすいものです。このインフルエンザにかかってしまった場合には、喉の痛み、せきなどといった、呼吸器系統の症状にはじまり、頭痛、関節痛や筋肉痛、38度以上の高い発熱といった、かなりの体調悪化にみまわれてしまいます。こうしたインフルエンザによる体調悪化に備える上では、予防注射を打っておくということは、きわめてたいせつとなってきます。このインフルエンザの予防注射は、冬場に入る前の秋口や、冬場に入りかけの時期までにしておくことが望ましく、特に高齢者などは症状の悪化がいちじるしく、場合によっては生命の危険もありますので、検討しておいたほうがよいものです。予防注射では、その年に流行しそうなインフルエンザのウイルスに対応できるようなワクチンをいくつか含めていますので、すべて予防ができるというわけではありませんが、4割程度の効果はあるとされています。そのほかにも、リレンザとよばれる抗インフルエンザウイルス薬を、予防目的で投与するといった方法もあります。もとよりリレンザは予防注射のかわりになるものではなく、予防注射のほうも受けておくべきものとはいえますが、たとえば家族のなかにすでに感染者が発生してしまって、同居している高齢者などに緊急に予防的な処置をしなければならない場合には、かなり有効な手段であるといえます。この場合、医師が状況を把握した上で、予防目的での処方するかどうかを判断することになります。予防と治療とでは、用量などには違いがあり、治療の場合は1日2回で5日間継続して投与するのがふつうですが、予防であれば1日1回を10日間にわたって続けるのが標準となります。

続きを読む

リレンザのデメリットは、投与する回数が多いこと?

インフルエンザという病気に関して、これまでウイルスに直接効果がある医薬品というのはありませんでしたが、最近ではウイルスに対して効果を発揮する抗インフルエンザウイルス薬がいくつか開発されてきています。そうしたもののなかでも、リレンザとよばれる医薬品は特殊なものであり、錠剤などを口から水で飲むといったものではなく、粉末を息にあわせて吸入するというタイプとなっています。リレンザがこのように吸入タイプとなっているのにも大きな理由があります。ふつう、インフルエンザというのは、他人のくしゃみやせきなど飛沫を、息とともに吸い込んでしまって、そのなかに含まれていたインフルエンザウイルスが、気道の粘膜などの弱い部分にとりついて、増殖をはじめてしまうことが原因となっています。そのため、薬剤を吸入して、直接気道に送り込むことができれば、インフルエンザウイルスの増殖を抑制する効果が、さらに適切に発揮されるという考え方で開発されたというわけです。このリレンザは、口からとり入れることにかわりはありませんが、内用薬ではなく、外用薬という扱いになっています。そのため、他の外用薬と同様に、一度吸入しただけですぐに効果が上がるというものではなく、ブリスターとよばれる薬剤のパックの2つ分にあたる、1回につき10グラムを、1日2回、5日間にわたって投与しなければならないことになっています。このように、リレンザのデメリットとしては、投与する回数が多いというわずらわしさが挙げられないでもありませんが、他の抗インフルエンザウイルス薬に比べて、副作用などが起きる割合も少なく、ウイルスに直接届くというメリットを考えると、メリットのほうが上回るものです。

続きを読む

小児への投与の実績が多いリレンザで小児への治療

インフルエンザというのは、ウイルスへの感染によって発症するものですので、このウイルスが体内で増殖するのを阻止できるような医薬品でなければ、単なる頭痛や発熱といったものへの対処療法になってしまいます。抗インフルエンザウイルス薬としては、リレンザのようなもののほか、いくつかの製品が知られています。そうしたもののなかでも、リレンザは、薬剤を直接気道に吸い込むといった、吸入薬タイプの医薬品であるという、めずらしい特徴をもっているものです。抗インフルエンザウイルス薬のなかには、異常行動などの副作用が顕著にみとめられるものもあり、少年への使用がためらわれるようなものもありますが、リレンザにはそのような副作用はあまりないため、小児から少年あたりの年代の患者の使用も可能となっています。ただし、現在のところ、乳児や4歳以下の幼児に対しては、使用経験が少ないため、まったく使用できないとまではいえないものの、その安全性は確認されていません。そこで、基本的には4歳以下に対して使用されることはなく、薬剤の吸入が上手にできる年代、要するに5歳以上の小児に対して使用されることになっています。5歳以上の小児であれば、投与の実績も多いため、小児科や内科でもおなじみとなっていて、5歳の小児から14歳の少年までを対象として行われた、国内での臨床試験では、だいたい投与後4日にして頭痛、咽頭痛、悪寒や筋肉痛といった症状が改善したという結果が報告されており、効果についてもきちんと確認されています。ただし、リレンザは吸入タイプの医薬品であることから、同じく吸入タイプの医薬品を用いるぜんそく患者が併用する場合には、気道が過敏になって、副作用をもたらすこともあるため、医師の指導にしたがわなければなりません。

続きを読む